教員プロフィール

准教授: 佐古 愛己SAKO Aimi

専門分野
日本中世史
日本古代史
古記録・古文書学
佐古 愛己 写真
Message

古代から中世へ、社会が大きく変化した平安・鎌倉時代の貴族社会について研究しています。数百年の時を経た京都の地で、当時の人々の行動や思考を、古記録や古文書から読み取ることは、とても興味深いことだと思います。史料を読解するためには、学習と努力が必要ですが、過去の人々の生き様や社会のしくみを知ることは楽しく、また、現代に生きる私たちにとって、いろいろと考えさせられることも多いはずです。京都のさまざまな地を訪れて、一緒に歴史を繙いていきましょう。

研究課題
叙位・除目に関する研究
平安貴族社会・中世公家社会の研究
平安・鎌倉期京都の研究
略歴
立命館大学 文学部 史学科 日本史学専攻 卒業
立命館大学大学院 文学研究科 史学専攻 博士課程後期課程 修了
立命館大学 COE推進機構 ポストドクトラルフェロー
立命館大学 文学部 任期制准教授
学位
博士(文学、立命館大学)
所属学会
日本史研究会
史学会
日本古文書学会
日本歴史学会
古代学協会
主な著書・論文
『陽明文庫 記録文書篇 第9輯 法制資料集』「解説」(共著)
(思文閣出版、2014年9月)

「第2章 藤原忠実-辛酸を嘗めて中世を切り開いた摂関家家長-」(単著)
(元木泰雄・野口実・平雅行編『中世の人物(京・鎌倉の時代編)第一巻 保元・平治の乱と平氏の栄華』清文堂出版、2014年4月)

『平安貴族社会の秩序と昇進』(単著)
(思文閣出版、2012年2月)

「第3章 『兵範記』平信範-筆忠実な能吏が描いた激動期の摂関家-」(単著)
(元木泰雄・松薗斉編『日記で読む日本中世史』ミネルヴァ書房、2011年11月)

「第1章 平安貴族の『雅』と『武』」(単著)
(立命館大学文学部京都文化講座委員会編『立命館大学京都文化講座 京都の公家と武家』白川書院、2011年7月)

「源氏物語の時代-人と文物、デジタル可視化の意義-」(共著)
(『立命館文学』第612号、2009年6月)

大学紹介