教員プロフィール

教授: 松岡 千代MATSUOKA Chiyo

専門分野
老年看護学
松岡 千代 写真
Message

超高齢・多死社会を迎え、地域共生社会の実現に向けた政策転換が進められる中、高齢者の健康を守るために科学的な根拠に基づいた質の高い看護実践の提供と、多職種連携における看護の独自性を発揮することが求められています。次世代に必要とされる看護が提供できる看護職となれるよう学生の皆さんのサポートをしていきたいと思っています。

研究課題
老年看護実践の質改善のためのインプリメンテーションサイエンス
高齢被災者の災害看護
高齢者ケアにおける多職種連携実践・教育
略歴
【学歴】
国立大坂病院附属看護助産学校看護婦科卒業
北星学園大学文学部社会福祉学科卒業
関西学院大学大学院社会学研究科博士課程前期課程社会福祉学専攻修了
関西学院大学大学院社会学研究科博士課程後期課程社会福祉学専攻修了
【職歴】
兵庫県立尼崎病院(看護師)
兵庫県立看護大学(助手)
香川県立医療短期大学看護学科(講師)
兵庫県立大学看護学部(講師・准教授)
【資格】
看護師、社会福祉士
学位
博士(社会福祉学)
所属学会
日本老年看護学会(理事)
日本看護科学学会(和文誌査読員)
日本老年社会科学会 研究倫理委員、査読委員
日本認知症ケア学会 査読員
日本社会福祉学会 査読員
Gerontological Society of America
主な著書・論文
【著書等】
『看護実践の質を改善するためのEBPガイドブック―アウトカムを向上させ現場を変えていくために』
(アイオワ大学病院看護研究・EBP・質改善部門、共監訳、ミネルヴァ書房、2018.03.)

『系統看護学講座 専門分野Ⅱ 老年看護学 第9版』
(共著、医学書院、2018.01.)

『最新老年看護学第3版 2018年版』
(共著、日本看護協会出版会、2018.02.)

『災害看護改訂第3版 看護の専門知識を統合して実践につなげる』
(共著、南江堂、2018.01.)

『新・はじめて学ぶ社会福祉5 保健医療サービス』
(共著、ミネルヴァ書房、2017.11.)

『ナーシング・グラフィカ看護の統合と実践(3):災害看護第4版』
(共著、メディカ出版、2017.01.)

【論文等】
「高齢者のエンド・オブ・ライフケアにおける多職種連携の課題と展望」
(リハビリテーション研究、47(3):10-15、2018.01.)

「EBPを推進するコアチームをつくろう」
(リハビリナース、11(1):62-66、2018.01.)

「学生の学びを促す対応に向けたFDの考え方と試み」
(看護教育、58(12):1050-1057、2017.12.)

「極端に食事量が少なかったり,過食と嘔吐を繰り返す学生への対応」
(看護教育、58(8):698-703、2017.08.)

「感情起伏が激しく,敵味方の区別が著しい特徴をもつ学生への対応」
(看護教育、58(6):484-488、2017.06)

「認知症高齢者支援における多職種連携(IPW)と多職種連携教育(IPE)の現状と課題 社会福祉・ソーシャルワークの視点から」
(共著、人間福祉学研究、9(1):35-51、2016.12.)

「何のための研究か、誰のための研究か」
(看護研究、49(6):494-497、2016.10.)

「TRIP介入モデルに基づくトランスレーション・リサーチの効果 一般病院の高齢入院患者へのせん妄予防ケアをトピックとして」
(保健医療技術学部論集、8:47-58、2014.03)

「多職種連携の新時代に向けて 実践・研究・教育の課題と展望」
(リハビリテーション連携科学、14(2):181-194、2013.12)

「臨床におけるEBP実行の重要性と評価」
(日本看護評価学会誌、3(1):25-32、2013.12)

「EBP(Evidence-based Practice)推進のための看護師のEBP情報アクセスと利用の向上を目指した情報環境整備と教育的介入の評価」
(保健医療技術学部論集、7:27-39、2013.03)

大学紹介