教員プロフィール

准教授: 橋本 憲尚HASHIMOTO Norihisa

専門分野
教育心理学 
発達心理学
橋本 憲尚 写真
Message

「話す」「書く」という行為は、自己表現の活動です。たとえ、他人の受け売りの言葉であっても、相手に何かを伝えます。また、一度話して・書いて終わりではありません。相手とのやりとりを通して、新しい表現が生まれてくる創造的活動です。その期待があってこそ、楽しむことができるのです。
「話す」こと「書く」ことに億劫にならないでください。イメージや考えを膨らませ分かち合う、相手を知って自分がわかるという体験を重ねてください。

研究課題
自律的な学習活動の展開におけるメタ認知の役割
教員養成のための教育心理学の授業展開
略歴
大阪大学人間科学部卒業
大阪大学大学院人間科学研究科行動学専攻単位修得の上退学
高知大学教育学部講師・准教授
現在、佛教大学教育学部准教授
学位
学術修士
所属学会
日本教育心理学会
日本発達心理学会
主な著書・論文
Memory development in early childhood: Encoding process in a spatial task. Journal of Genetic Psychology, 1991, vol.152, pp.101-117.

American teachers’ methodology from Japanese students’ points of view: A questionnaire survey after a short visit to elementary schools in Hawaii. Supplement to the Bulletin of the Research Institute of Bukkyo University, 2003, pp.13-23.

学校教育と知能観の再考 -”状況に埋め込まれた学習”の視点から-
佛教大学総合研究所紀要, 2009, 16号, 1-18頁.

自律的学習を支える心理的過程 -手続き的メタ記憶の発達の観点から-
佛教大学教育学部論集, 2010, 21巻,73-87頁.

大学紹介