教員プロフィール

講師: 塩満 卓SHIOMITSU Takashi

専門分野
精神保健福祉論
家族支援
塩満 卓 写真
Message

世帯人数の減少や高齢化の進展、社会の複雑化により、精神疾患を発症する方が増えてきています。2014年の患者調査では、全国で392万人の方が何らかの精神疾患で入院治療や通院治療を受けていました。京都府の人口を遙かに越える人数です。このように精神疾患は、誰もが罹る可能性があり、全てのライフステージに関わっています。この領域の問題について、社会福祉専門職がどのように向き合っているのか。具体的な実践や求められている政策について、一緒に学習・研究していきましょう。

研究課題
ソーシャルワーカーの成長過程に関する研究
精神障害者及びその家族の意識変容プロセス
略歴
日本福祉大学社会福祉学部卒業
日本福祉大学大学院社会福祉学研究科博士前期課程修了
学位
修士(社会福祉学)
所属学会
日本社会福祉学会
日本精神障害者リハビリテーション学会
主な著書・論文
『障害者に対する支援と障害者自立支援制度[第4版]』(共著)
(弘文堂,2018年3月)

『対人援助職のための「相談援助演習」ワークブック』(共著)
(ミネルヴァ書房,2015年10月)

『社会福祉・介護福祉の質的研究法-実践者のための現場研究』(共編著)
(中央法規出版,2013年8月)

「家族等の同意に基づく医療保護入院に関する批判的検討」
(『社会福祉学部論集』第14号,2018年3月)

「精神障害者の家族政策に関する一考察」
(『福祉教育開発センター紀要』第14号,2017年3月)

「相談支援専門員の利用者に対する14の援助者役割とその獲得機序(第二報)」
(『福祉社会開発研究』第12号,2017年3月)

「相談支援専門員の利用者に対する14の援助者役割とその獲得機序(第一報)」
(『福祉教育開発センター紀要』第13号,2016年3月)
 
「離れて暮らすことを選択した精神障害者家族の意識変容プロセス」
(『福祉教育開発センター紀要』第12号,2015年3月)
 
「地域精神保健福祉機関で働くPSWの成長過程に関する研究」
(『精神保健福祉』通巻90号,2012年6月)
 
「PSWの利用者に対する11の援助者役割とその獲得機序」
(『福祉教育開発センター紀要』第9号,2012年3月)

大学紹介