教員プロフィール

教授: 日隈 ふみ子HINOKUMA Fumiko

専門分野
母性看護学
助産学
日隈 ふみ子 写真
Message

社会における看護師への期待が高まっている今日、いよいよ本学に看護学科が開設されました。佛教大学は人間について学ぶ総合大学です。看護師になるためというだけでなく、看護師としてどう生きるかが重要で、まずは豊かな生き方を目指して欲しいと思います。大学生という人生で最も多感な時期を他学部・他学科の仲間と刺激しあいながら、学ぶべきことはしっかり学んだ上で、自立した行動が取れる看護実践家としての育ちを応援します。共に学び合いましょう。

研究課題
妊娠女性のニーズの解明:3世代の子産み子育て環境の変遷を通じて
リプロダクションと家族のオールターナティブデザイン-文化と歴史の視点から-
助産学教育
略歴
京都大学医学部附属助産婦学校卒業
立命館大学大学院社会学研究科応用社会学専攻修士課程修了
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程満期退学
---職歴---
北里大学病院(助産師)
福井県立短期大学看護学科(助手)
藍野学院短期大学(講師・助教授)
京都大学医療技術短期大学部特別専攻助産学専攻科(教授)
京都大学医学部保健学科看護学専攻(教授)
国際福祉大学大学院助産学専攻(教授)
日本赤十字北海道看護大学研究科助産学専攻(教授)
学位
社会学修士
所属学会
日本助産学会
日本看護科学学会
日本母性衛生学会
日本質的心理学会
主な著書・論文
『世界の出産―儀礼から先端医療まで―』
(勉誠出版, 2011年 )

『Birth Models That Work』
(Maternity Homes in Japan, University of California Press, 2009 )

『産む・産まない・産めない―女性のからだと生き方読本―』
(講談社現代新書, 2007年)

「佛教大学における看護学教育の可能性を求めて」
(佛教大学保健医療技術学部論集,No6,2012年)

「タイにおける出産の現状と助産学教育」
(日本赤十字北海道看護大学紀要, Vol.9,39-48, 2009年)

「出産にまで至った先天性心疾患患者が振り返る病気の受容」
(日本小児循環器学会雑誌, Vol.25, No.2,7-10, 2009年)

大学紹介