教員プロフィール

准教授: 得丸 敬三TOKUMARU Keizou

専門分野
運動器障害系理学療法
生活環境支援
得丸 敬三 写真
Message

多くの高齢者が、膝や腰など運動器の障害を契機に、要介護状態となっています。これを予防・改善するために、運動の効果的な実施方法や地域での支援体制について検討しています。また関節リウマチをはじめとして、運動器疾患に対する理学療法にも取り組んでいます。

研究課題
地域における高齢者への支援体制
高齢者に対する運動療法の効果
運動器疾患の理学療法
略歴
愛媛大学法文学部法学科卒業
神戸大学大学院医学系研究科博士課程後期課程修了
学位
博士(保健学)神戸大学
所属学会
日本理学療法士協会
日本義肢装具学会
理学療法科学学会
日本RAのリハビリ研究会
日本物理療法学会
主な著書・論文
「The effects of manual resistance training on improving muscle strength of the lower extremities of the community dwelling elderly 」
(『J.Phys.Ther.Sci 』23(2), 2011.4)

「関節リウマチに対する運動療法 -下肢に対する筋力強化訓練を中心に-」
(『臨床リウマチ』21(3), 2009年9月)

「テキスト RAのマネジメント 改訂版」
(『メディカルレビュー』, 2001.1)

「慢性関節リウマチ患者用軽量杖」
(『義装会誌』13(3), 1997年7月)

「人工膝関節置換術のリハビリテーション」
(『MB Orthop』10(5), 1997年5月)

大学紹介