教員プロフィール

教授: 藤川 孝満FUJIKAWA Takamitsu

専門分野
再生医科学
機能解剖学
Human interface
Continuing Care Retirement Community
藤川 孝満 写真
Message

興味はヒトを行動的にする推進力。好奇心はさらに活動的な環境をつくる促進剤。これからの4年間の勉学も課外活動も人生の活性剤。自分の想いを楽しく、そして、具体的に展開するためにはどうしたらよいのか?一緒に考動(考え動く)していきましょう。相手の気持ちを解ろうとし、的確な行動と技術の提供ができるすばらしい人材になるために。

研究課題
生体、環境変数が活動形態の及ぼす影響
生体機能の動的評価方法と介入方法の開発
循環型地域創発モデルの創生
略歴
大阪大学基礎工学研究科博士課程修了
学位
博士(工学) 大阪大学
所属学会
日本生体医工学会
日本生理学会
日本神経科学会
日本生理人類学会
主な著書・論文
「Regeneration of a Completely Transected Sciatic Nerve with Use of a Bioabsorbable Nerve Conduit Filled with Collagen with a 14-Year Follow-up: A Case Report」
(JBJS Case Connector. 7(4):e77, October-December 2017.)

「三軸加速度センサによる支持関節等にかかる負担量計測-通常歩行と下降段差歩行での差異-」(共著)
(The Journal of Clinical Physical Therapy.17巻,2016年)

「ベトナムにおけるPTとリハビリテーションの活動を考える-ホーチミン市第一小児病院を訪ねて-」
(大阪健康福祉短期大学紀要14号,2015年3月)

「制御型短下肢装具の開発と臨床評価に関する研究-足関節角度および角速度の分析による足関節自動制御の検証-」
(佛教大学保健医療技術学部論集9号,2015年3月)

「三軸加速度センサによる支持関節等にかかる負担量計測」(共著)
(The Journal of Clinical Physical Therapy.15巻,2013年4月)

「上肢リハビリテーション支援システムPLEMO-P4の開発とその効果」(共著)
(The Journal of Clinical Physical Therapy.15巻,2013年4月)

「制御型短下肢(i-AFO)による足関節制御の検証-歩行速度に応じた立脚初期の自動制御について-」(共著)
(The Journal of Clinical Physical Therapy.15巻,2013年4月)

大学紹介