教員プロフィール

教授: 村岡 潔MURAOKA Kiyoshi

専門分野
医学概論
医療思想史(先端医療論)
医療倫理学
村岡 潔 写真
Message

現代医療、特に脳死・臓器移植、生殖技術・代理母、遺伝子診断・治療などのあり方を中心に、漢方や民間療法における「癒し」をも含めた幅広い領域の医療と文化について研究しています。仏教医学や仏教看護もこの中に含まれます。

研究課題
1999-2000[完了]「現代医療の諸問題:ヘルスケアの視点から」(佛教大学総合研究所・研究班)
2001年度から継続:学術フロンティア:共同研究プロジェクトにおける研究課題:「痴呆性高齢者の現実理解度の分析」
2002年度総合研究所・京都部門基礎研究「京都―文化―近代~その特殊性と普遍性をめぐって~」
略歴
日本医科大学医学部卒業
所属学会
日本保健医療社会学会
日本医学哲学・倫理学会
日本バーチャルリアリティ学会
主な著書・論文
「インフォームド・コンセント再考」
(佛教大学文学部, 『文学部論集』, 87号, 2003年3月)

「近代医学のアナトミー―先端医療思想を念頭に―」
(大阪大学大学院医学系研究科・医の倫理学教室編, 『医療・生命と倫理・社会』1, 2002年3月)

「医師-患者関係における医療情報の<交換>はいかにおこなわれるべきか」
(佛教大学文学部, 『文学部論集』, 86号, 2002年3月)

「病いの利他性に関する一考察―犠牲者非難イデオロギー 対 代理苦イデオロギー―」
(『医学哲学・医学倫理』, 19号, 2001年10月)

『100問100答 医療の不思議』
(河出書房出版, 2001年10月)

大学紹介