教員プロフィール

教授: 鈴木 勉SUZUKI Tsutomu

専門分野
福祉政策論
非営利福祉組織論
障害者福祉論
鈴木 勉 写真
Message

滋賀県・近江学園における福祉実践を踏まえて、故・糸賀一雄氏は、重症心身障害をもつ「この子らに世の光を」ではなく、「この子らを世の光に」という言葉を残しています。「生ける屍」とみられ、医療からも福祉からも切り捨てられていた重症心身障害児を引き受け、ともに暮らすなかで、「この子らはどんなに重い障害をもっていても、だれととりかえることもできない個性的な自己実現をしている」(『福祉の思想』1968年)という事実を見出したことが、このメッセージに結実しているのです。人間存在の意義に立ち返り、社会福祉の思想と実践、そして政策のあり方を、ともに学習・研究しましょう。

研究課題
障害者福祉政策の分析
福祉協同組織の比較研究
略歴
日本福祉大学社会福祉学部卒業
日本福祉大学大学院社会福祉学研究科特別研究生修了
所属学会
日本社会福祉学会
日本地域福祉学会
日本協同組合学会
日本社会保障法学会
社会事業史学会
主な著書・論文
『ノーマライゼーションの理論と政策』(単著)
(萌文社, 1999年4月)

『新版 現代障害者福祉論』(共編著)

(佛教大学通信教育部・高菅出版, 2011年3月)

『社会福祉――暮らし・平和・人権』第2版(編著)
(建帛社, 2013年3月)

「新自由主義改革下の協同組合の福祉事業の課題と住民自治」
(JC 総研 協同組合研究誌『にじ』650号,2015年6月)

『「脱貧国」戦略の構築ー共生社会のグランドデザインー』(編著)
(『佛教大学総合研究所共同研究成果報告論文集』第5号,2017年3月)

大学紹介