教員プロフィール

教授: 金澤 誠一KANEZAWA Seiichi

専門分野
社会政策
社会保障
公的扶助
金澤 誠一 写真
Message

現代の貧困からの脱却のための国民の「下から」の要求としての「最低生計費」の研究に取り組んでいます。京都に始まり、首都圏、東北地方、九州地方、愛知県とほぼ全国にわたり「最低生計費調査(持ち物財調査、生活実態調査)」を、その地域の労働組合などと協力して実施し、最低生計費を試算しています。今年は、阪南地域での「最低生計費試算」のための調査を実施しています。また、今年は、大阪の某区社会福祉協議会での地域福祉調査の実施に向けて準備を進めています。地域の福祉ニーズの発見や高齢者の社会的孤立の実態などを明らかにすることを目的にしています。

研究課題
最低生活の概念及び最低生活費の算定方法に関する研究
家計調査分析による国民・勤労者世帯の生活実態に関する研究
地域社会における社会的孤立に関する調査・研究
略歴
帝京平成短期大学助教授(1990~1995)・教授(1995~1999)
佛教大学社会学部教授(1999~現在)
学位
経済学修士(中央大学)
所属学会
社会政策学会
主な著書・論文
『「現代の貧困」とナショナルミニマム』(編著)

『福祉・保育現場の貧困』(共著書)

『公的扶助論』(編著)

「現代の貧困の特徴とナショナルミニマム」
(佛教大学総合研究所共同研究成果報告論文集第5号『「脱貧困」の戦略の構築-共生社会のグランドデザイン‐』2017年、所収)

大学紹介