教員プロフィール

准教授: 山本 奈生YAMAMOTO Nao

専門分野
文化の社会学
権力論
山本 奈生 写真
Message

文化論や権力論といった枠組みを用いながら、諸々の社会的事象を研究対象としており、とりわけ現代社会における「社会問題」に関心を持っています。
アメリカのジャーナリスト、W・リップマンは「定義から認識」することを「ステレオタイプ」と呼んで批判しましたが、社会学はその逆の「認識から定義」しようと試みる学問だと、私は考えています。

研究課題
文化的領域における権力作用の研究
都市政策および犯罪政策の研究
「新しい社会運動」のフィールドワーク
学位
博士(社会学)
所属学会
日本社会学会
関西社会学会
社会学史学会
犯罪社会学会
主な著書・論文
「権力と支配」
(丸山哲央編『現代の社会学』ミネルヴァ書房, 2012年)

「自主防犯活動と街区のポリティクス――京都市繁華街の事例をもとに」
(『フォーラム現代社会学』第10号, 109-121,関西社会学会 2011年)

「主体なき責任の帰属――ドラッグ政策と診断室のカルテ」
(『現代思想』Vol.38-14, 188-199,青土社 2010年)

「社会の中の<個人>」
(『社会理論と社会システム』67-88,へるす出版 2009年)

「<安全>と<安心>のユートピア――京都市における取締り政策を事例として」
(『犯罪社会学研究』第32号, 120-133,犯罪社会学会 2007年)


大学紹介