教員プロフィール

准教授: 山口 洋YAMAGUCHI Yoh

専門分野
社会調査論
社会統計学
山口 洋 写真
Message

私たちは社会の中で日々生活しており、社会学を学ぶことは自分自身を知ることでもあります。日常生活の中で「ああこれは社会学で習った~だな」などと考えはじめたらしめたものです。こういう経験がひとつでも増えるように皆さんのお手伝いができればと思います。

研究課題
「一票の格差」の指標の数理・計量社会学的再検討
略歴
東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程満期退学(1994年3月)、 金沢大学文学部助手(1994年4月~1997年3月)を経て、1997年4月より佛教大学社会学部専任教員となる。
学位
社会学修士
所属学会
日本社会学会
関西社会学会
日本教育社会学会
数理社会学会
主な著書・論文
『数学嫌いのための社会統計学(第2版)』(共編著)
(法律文化社, 2014年9月)

『自己組織化過程のネット分析 -地域権力構造の比較研究-』(分担執筆、高橋和宏・大西康雄編)
(八千代出版, 1994年5月)

「投票としての調査 -社会的選択理論を応用した調査方法論に向けて-」
(『社会学部論集』50号,佛教大学社会学部2010年3月)

「出身階層と到達階層 -世代間社会移動と社会意識-」
(日本図書センター,盛山和夫・原純輔監修,『現代日本社会階層調査研究資料集(2)階層意識と政治意識』,2006年4月)

「夫の社会的地位と妻の社会的地位 -平均的夫婦像の変遷過程と性役割意識-」
(『社会学部論集』32号,佛教大学社会学部1999年3月)

大学紹介