教員プロフィール

教授: 崔 銀姫CHOI Eunheui

専門分野
メディア論、メディア文化論
崔 銀姫 写真
Message

東アジア(特に日本や韓国、中国)のテレビドキュメンタリーをずっと見続けています。主な研究領域は映像文化研究、放送歴史研究、メディアリテラシーになります。過去をみつめつつ、21世紀のデジタルメディア社会の今と未来のあり方についてみなさんと共に考えていけたらと思います。

研究課題
東アジアのテレビドキュメンタリーの放送空間
韓国放送と「歴史認識」
略歴
東京大学大学院人文社会系社会文化研究科修士号取得(社会情報学)
東京大学大学院人文社会系社会文化研究科博士課程単位取得退学
韓国ソウル大学言論情報研究所客員研究員(2010年4月~2011年3月)
学位
修士(社会情報学)
所属学会
日本マスコミュニケーション学会
日本社会情報学会
韓国言論学会
IAMCR(International Association for Media and Communication Research)
主な著書・論文

『表象の政治学:テレビドキュメンタリーにおける「アイヌ」へのまなざし
(明石書店, 2017年)

『日本のテレビドキュメンタリーの歴史社会学』
(明石書店, 2015年)

「観光アイヌとは何か:まなざしの歴史的な変容をめぐって」
(『社会情報学』1巻2号, 社会情報学会(SSI), 2013年)

「帰属意識とは何か~アイヌ/若者/多文化社会~」
(『社会情報学研究』Vol.16 No.2, 日本社会情報学会, 2012年)

「公共の記憶とジャーナリズムの形骸化~戦時性暴力にかかわるドキュメンタリーをめぐって~」
(『社会学部論集』No48, 佛教大学社会学部, 2009年)

「表象の生産と消費におけるステレオタイプの構造的な問題にかかわる実践研究~ドキュメンタリー・リテラシー・プログラム開発プロジェクトの事例から~」
(『社会学部論集』No46, 佛教大学社会学部, 2008年)

「Media Literacy and Cross Cultural Communication with Alternative Media」
(『China Media Research』Vol.2/No.4, 2006)

「地域理解のためのメディアリテラシー実践」
(『教育メディア研究』11巻2号, 日本教育メディア学会, 2005年)

「ドキュメンタリー」
(吉見俊哉編,『社会情報学ハンドブック』東京大学出版会, 2004年)

大学紹介