大学紹介

2017年11月

心の師となるも 心を師とせざれ

『涅槃経』

解説 / 仏教学部教授 藤堂 俊英

 私たちの心には、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚という五つの感覚の門(ドゥヴァーラ)を通してさまざまな情報が入って来ます。「情報」は英語でいえば「インフォーメーション」ですが、その語はイン(内に)とフォーム(形成する)から成っています。そこには情報を統合して、その人の人柄や人格を形成して行く心という存在があります。仏教ではそうした形成のはたらきを担う者を、師とか主人とか上首とよぶのです。
 情報化の時代と言われる今日ですが、大切なことは情報の質を見極め、処理し、整理し、自己を生かす糧として統合することです。そこを疎かにすれば、信用を置くに足りない情報に振り回されたり、せっかくの情報を生かすことができません。日本語の「こころ」の語源説の一つに、「コロコロ(転々)」に由来するというのがあります。師や主人や上首が、その場の状況にコロコロ振り回されるようであれば、弟子も育たず、お客も遠のき、チームも強くなれません。心の師を置くことも育自と共育のために疎かにしてはならないのです。

「今月のことば」一覧に戻る

佛教大学宗教教育センター
syukyo@bukkyo-u.ac.jp

大学紹介