大学紹介

2017年10月

福不可徼 (福(さいわい)は徼(もと)むべからず)

菜根譚

解説 / 文学部教授 瀬邊 啓子

 中国明末の書『菜根譚』第七〇条(今井宇三郎訳注、岩波文庫、1975、参照)には、「幸福」と「災禍」に対する心構えが書かれている。ここには「幸福」は自分から求めて得られるものではなく、楽しい気持ちを育むことで、招き寄せるしかないと述べられる。同じく「災禍」は自分では避けて通ることはできないので、殺気立つ心を取り除くことで、災禍を遠ざけるようにすべきという。
 今井氏の注釈にも述べられるが、『淮南子(えなんじ)』(『淮南鴻列集解』下、中華書局、1989)巻十八「人間訓」に「夫禍之来也,人自生之;福之来也,人自成之。禍與福同門,利與害為隣,非神聖人,莫之能分。」とあり、禍も福も人間自らが招くもので、両者は分けられるものではないとする。
 つまり禍も福も表裏一体であり、どちらを引き寄せるのも人間の心持によるというのだ。「幸福」は求めるものではなく、心楽しくあれば「幸福」な状態に自然となるのである。

「今月のことば」一覧に戻る

佛教大学宗教教育センター
syukyo@bukkyo-u.ac.jp

大学紹介