ここから本文です

会長あいさつ

教育後援会会長 就任のご挨拶

教育後援会会長
丹下 尚仁

平成29年度 佛教大学へご入学の皆様、保護者の皆様ご入学おめでとうございます。また、教育後援会会員各位におかれましては、本会の運営並びに各種行事にご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

私は、本年度教育後援会会長を務めさせていただきます丹下尚仁と申します。歴代の諸大徳、諸先輩とは比べようもなく浅学非才の身ではございますが、皆様方のご協力とご支援を賜りながら、務めを果たしたく存じますので何卒よろしくお願いいたします。

私自身も佛教大学を卒業して早35年が経ちました。紫野キャンパスリニューアル工事も昨秋に礼拝堂が完成し、中庭の整備も整い、私の通っていた当時の大学からは想像も出来ないくらい明るく開けたキャンパスとなりました。この環境のなか新しい学生生活が始まり、新しい友達との出会い、課外活動、ボランティア、インターンシップなどを通して将来自分のやりたいことを見つけ、夢や希望に向かって進んでいく姿を見守る親としても楽しみなところでもあります。

さて佛教大学には、「大学と家庭との連絡を緊密にし、佛教大学の教育振興に寄与することを目的」とした教育後援会がございます。本会は、私ども保護者の皆様の組織で、学生の皆さんが心豊かに充実したキャンパスライフを送れるよう保護者の皆様と大学教職員の先生方のご協力によって様々な事業を行っています。

その中で主たる事業として、保護者の皆様を対象に「教育懇談会」を行っています。最近は、スマートフォン、PCなどによりお子様と連絡がとれるようになりましたが、大学の教職員・事務局の方々より、大学の特色、現状報告、就職情報など丁寧な説明があり、個別懇談会においては、1人1人の学修状況や生活面、就職など日頃ご心配なところを十分に話し合っていただけます。大学をより身近に感じていただき、保護者同士や大学との和を広げていただける絶好の時間となっております。本年度は、6月に岡山、福井、東京、7月には福岡、本学紫野キャンパス、秋には名古屋、京都、高知、鳥取にて開催予定ですので是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

その他にも会報「紫峰」の発行、期間限定ですが「朝食を食べよう週間としての100円朝食」への支援、クラブ・ボランティア活動、学園祭などの学生生活への援助。「京都で学生生活を送る佛大生に京都の伝統文化や古都の芸術に直接触れる機会を」と称しての拝観料観劇料の補助や博物館などのキャンパスメンバーズシップ年会費助成。仏教精神にもとづく人間形成のために行われる宗教行事への援助。また、就職対策支援や独自の奨学金制度、他大学教育後援会視察研修など様々な事業を行っております。

教育後援会は、佛教大学で多くのことを学び、時代や社会から求められるニーズに応え、高い志と勇気をもって歩み続けることの出来る力、「人間力」を身につけようとする学生の皆さんを応援していきたいと考えております。

教育後援会の会員である保護者の皆様には、これらの事業に対してご理解を賜りますとともに、積極的なご参加、ご協力とあたたかいご支援を申し上げまして、就任のご挨拶とさせていただきます。

大学紹介