ここから本文です

授業アンケート

本学では、授業の充実度や諸課題、学生の学習状況などを把握しFD活動につなげる根拠を明らかにするため、2001年度より継続的に「授業アンケート」を実施し、今年度で14年目を迎えました。

この「授業アンケート」の活用用途は多岐にわたりますが、主な目的は下記の2点となります。

  1. 各教員が、学生の学習状況を点検、把握し授業改善につなげる基礎資料を作成すること。
  2. 授業アンケートを総合的に分析し、その結果から授業の傾向や学生からの改善要求をとらえ教育改善(FD活動)に役立てること。

佛教大学では、学生の協力を得て蓄積したこの貴重なデータが教育の改善につながるよう教員へのフィードバックにとどまらず、FD研究会や教員研修にも役立てていく予定です。

授業アンケート実施実績

  2016年 2015年
専任 実施者数 189 182 184 173
総数 199 195 207 207
実施率 95.0% 93.3% 88.9% 83.6%
非常勤 実施者数 321 296 317 290
総数 411 372 403 388
実施率 78.1% 79.6% 78.7% 74.7%
  2014年 2013年 2012年
専任 実施者数 187 189 183 191 205 186
総数 209 218 202 214 220 207
実施率 89.5% 86.7% 90.6% 89.3% 93.2% 89.9%
非常勤 実施者数 328 301 343 316 353 310
総数 429 373 435 412 420 403
実施率 76.5% 80.7% 78.9% 76.7% 84.0% 76.9%

2001-2016年の間の実施教員比率の推移

大学紹介