ここから本文です

佛教大学社会学研究会

学会概要

学会名
佛教大学社会学研究会
代表者名
佛教大学 社会学部 公共政策学科 教授 的場 信樹
学会誌名

佛大社会学

お問い合わせ先
〒603-8301
京都市北区紫野北花ノ坊町96
佛教大学 大束 貢生研究室内

Tel : 075-491-2141(代表)(内線:6621)

  • 不在の場合は社会学部資料室(内線:6601)まで

▲ページのトップヘ

会則

第一条
(名称)
本会は、佛教大学社会学研究会と称する。
第二条
(目的)
本会は、社会学の相互の研究をとおして学術発展に寄与し,あわせて会員相互の親睦を図ることを目的とする。
第三条
(会員)

本会の会員は、以下の基礎資格を満たし、所定の入会手続きと会費を納入しなければならない。

  • 一.社会学に関心のある本学専任教員及び退職者、大学院在籍または修了者及び中途退学者、学部在学生及び卒業生
  • 二.本会の趣旨に賛同する者
第四条
(事業)

本会は次の事業を行う。

  • 一.学術機関誌の発行
  • 二.研究会の開催
  • 三.会員相互の親睦
  • 四.その他、本会の目的達成に必要な事業
第五条
(機関)
本会に総会及び委員会をおく。
第六条
(総会)
本会の最高決定機関である総会は、会員の1/2以上の出席によって成立する。ただし、委任状は、出席総数に含めることができる。総会は年一回定期的に開催し、委員長がこれを招集する。
第七条
委員長は必要に応じて臨時総会を招集することができる。
第八条
総会の議長はその都度会員の中から選出するものとする。
第九条

定例総会は次のことを議決する。

  • 一.役員の選出
  • 二.予算、決算及び事業計画の承認
  • 三.会則の改定
  • 四.その他、必要な案件の処理
第十条
(委員会)

委員会は総会の決議に従って、委員長の指揮監督により次のことを行う。

  • 一.総会の決議に基づく委任事項の処理
  • 二.研究会の開催及び機関誌の編集
第十一条
(役員)

本会に次の役員をおく。

一. 委員長
委員長は、本学教員会員一名があたり、本会を代表する。
二. 事務
事務は、本会会務を掌握し、運営するものとし、本学教員会員一名以上を含む会員三名がこれにあたる。
三. 会計
会計は、本会会計を掌握し、予算を計上し、執行するものとし、本学教員会員一名以上を含む会員三名がこれにあたる。
四. 会計監査
会計監査は、決算を監査し、公示するものとし、本学教員会員一名以上を含む会員三名がこれにあたる。
五. 機関誌編集委員
機関誌編集委員は、本学教員会員二名以上を含む会員四名がこれにあたるものとし、兼任を妨げない。
六. 研究会運営委員
研究会運営委員は、本学教員会員一名以上を含む会員三名がこれにあたる。
第十二条
役員の任期は一年とし、再任を妨げない。
第十三条
本会の運営に必要な資金は、会費及び寄付、その他の収入によって支弁される。
第十四条
(会費)

本会の会費の金額は次のとおりとする。

  • 一.一般会員 2,000円
  • 二.学生会員 1,000円
第十五条
会費の納入は毎年度前納とする。三年間にわたり会費未納のとき、会員資格を失う。
第十六条
(会計年度)
本会の会計年度は,四月一日から三月三十一日までの期間とする。
運営細則
一.(会員の入会、退会)
入会又は退会を希望する会員は、所定の様式により事務局に申し出て、手続きを行わなければならない。
二.(委員会の開催)

次の委員会を定期的に開催する。

  • 1.事務・会計委員会
  • 2.機関誌編集委員会
  • 3.研究会運営委員会
三.必要に応じて臨時委員会を開催することができる。
四.(事務局の設置)
本会の事務局を本学大学院社会学研究室に置く。
五.(学生会員)
学生会員は,本学の学生の会員をいう。
付則
第一条
この会則は昭和五十年七月十二日より実施する。
第二条
この会則は昭和五十一年六月十九日より改正実施する。
第三条
この会則は平成二年六月九日より改正実施する。
第四条
この会則は平成四年六月十一日より改正実施する。
第五条
この会則は平成五年七月七日より改正実施する。
第六条
この会則は平成六年六月二十九日より改正実施する。
第七条
この会則は平成七年六月二十一日より改正実施する。
第八条
この会則は平成十四年六月五日より改正実施する。
第九条
この会則は平成十六年六月三日より改正実施する。

▲ページのトップヘ

会員構成

会員構成は以下のようになっています。

  • 本学社会学専攻大学院修了生
  • 本学社会学専攻大学院生
  • 本学社会学部卒業生および同在校生
  • 本学社会学部専任教員
  • その他で入会を希望し、委員会が入会を認めたもの

約100名の会員が、日々の研究に切磋琢磨しております。

▲ページのトップヘ

活動内容

佛教大学社会学研究会では、大きく以下のような活動をしています。

・学術機関誌の発行
本会では、『佛大社会学』と言う機関誌を定期的に発行しています。この機関誌は、本会の各会員及び、各種教育機関などに配付されております。
機関誌の投稿規定に関しては下記をご確認ください。
学会誌 佛大社会学 投稿規定
・定期的な研究会の開催
各会員のより円滑な研究活動のために、本会では年3回の定例研究会を行なっております。
その他、会員相互の親睦や、その他本会が認めた事業などを主な活動としております。

2013年度

1.第103回定例研究会および総会(5月23日)、於11-2階会議室

研究発表
井田 喜宣
(本学大学院修士課程)
「多基準分析から見る都市河川 -京都市の河川から-」
田 陽
(本学大学院修士課程)
「日本における女性雑誌が果たす役割」
ファム・ティ・フーン
(本学大学院修士課程)
「グローバリズムと雇用問題-日本的経営の変遷と課題-」
浅川 彩香
(本学大学院修士課程)
「日本・ブータン・デンマークの豊かさの意識」

2.第104回定例研究会(9月26日)、於11-2階会議室

研究発表
大窪 善人
(本学大学院博士後期課程)
「ハーバーマスにおける宗教と法の関連―法治国家における政治権力の正統化の問題という観点から」
長光 太志
(本学兼任講師)
「就職活動は、学生の何を選別しているのか?―同学歴・同学部における卒業後の進路決定要因の研究―」
神頭 成禎
(本学兼任講師)
「インドネシア慣習社会における環境保全の在り方―ロンボク島バヤン村にみる森林維持と宗教性」
牧野 芳子
(本学大学院修士課程 通信生)
「沖縄本島における軍用地料配分をめぐる問題」

3.佛大社会学 第38号 刊行

大学紹介