ここから本文です

学会誌 鷹陵史学

バックナンバー入手方法

鷹陵史学会事務局へ、残部を確認の上お申し込みください。

投稿規定

  1. 本会の会員であること。会員でない場合には,投稿時点で入会手続きをとること。
  2. 原稿の種類および枚数(400字換算,図・表・写真・注を含む)は次のとおりとする。
    研究論文・研究ノート 80枚以内
    史料紹介・書評・動向 40枚以内
    新刊紹介 5枚以内
  3. 原稿は2月末日までに事務局に必着で提出すること。
  4. 原稿は万年筆かボールペンを使用し,400字詰めまたは200字詰め原稿用紙を用いて提出すること。またワープロやパソコンを用いた原稿の場合,書式を用紙一枚につき800字に設定し,使用ソフトを明示して,データとともに提出すること。注および参考文献は文末に付すこと。校正段階での書換えは認めない。
    なお,英文タイトルおよび和文要約(400字以内)を必ず付けること。
  5. 図表は別紙に書き,挿入箇所および本誌頁中に占める大きさを指定すること。なお,図版を掲載する際に生じる著作権の問題は,投稿者の責任で処理すること。
  6. 編集委員会からの要請による場合を除き,一度投稿された原稿(記憶媒体・図版等を含む)の撤回,差し替え,修正には応じない。また,採否にかかわらず,原稿等の返却は行わない。
  7. 投稿の際には,原稿の種類と連絡先(住所、電話番号),Eメールアドレス(もっている場合のみ)を明記すること。また,海外滞在中あるいはその予定がある場合は、日本での連絡先を必ず併記すること。
  8. 原稿の掲載は,編集委員会の審査を経て決定する。
  9. 投稿者は原稿提出をもって原稿の電子公開を承諾したものとする。
  10. 執筆者による校正は,原則として再校までとする。
  11. 執筆者には,掲載号3冊と抜刷30部を学会から進呈する。追加分の抜刷については,執筆者の負担とし,再校提出の際に申告すること。
  12. 掲載論文の転載および電子公開は,掲載後1年間は見合わせること。
  13. 投稿規定が守られていない原稿,論文としての体裁が整っていない原稿については受理できない。

大学紹介