ここから本文です

佛教大学英文学会

学会概要

学会名
佛教大学英文学会
代表者名
佛教大学 文学部 英米学科 教授 瀬戸 賢一
学会誌名

英文学論集

お問い合わせ先
〒603-8301
京都市北区紫野北花ノ坊町96
佛教大学 松本 真治 研究室内

Tel : 075-491-2141(代表)(内線:6325)

▲ページのトップヘ

会則

第一条
本学会は、佛教大学英文学会(以下本学会と略す)と称する。
第二条
本学会は、英米文学の相互の研究を通して学術発展に寄与し、あわせて会員相互の親睦をはかることを目的とする。
第三条

第三条 本学会の会員は、普通会員と学生会員からなる。

  1. 普通会員は、本学文学部英米学科専任教員で、本学会の趣旨に賛同する者。
  2. 学生会員は、本学英米文学専攻大学院生および研究員で、本学会の趣旨に賛同する者。
第四条

本学会は、次の事業を行う。

  1. 研究紀要(『英文学論集』)の発行。
  2. 研究会、講演会の開催。
  3. その他本学会の目的を遂行する上で必要と認められる事業。
第五条

本会に次の役員を置く。

  1. 会長 1名。本学大学院英米文学専攻主任を充てる。
  2. 委員 若干名。会長が委嘱する。任期は2年とし、重任は妨げない。
  3. 会計監査 2名。会長が委嘱する。任期は2年とし、重任は妨げない。
第六条

委員会は、会長および委員により構成され、次の事を行う。

  1. 予算、決算および事業計画。
  2. 研究紀要(『英文学論集』)。
  3. その他。
第七条

本会の経費は会費およびその他の収入をもってこれに充てる。

  1. 会費は普通会員から徴収する。年額3,000円とする。
  2. 会計監査は年に1回本学会の会計を監査する。
第八条
年度は4月1日から翌年3月31日とする。
付則

この会則は平成14年4月1日より実施する。

  1. この会則の変更は、全会員の過半数の賛成を得て行われる。
  2. 平成19年4月1日一部改正。
研究紀要
(『英文学論集』)内規
  1. 本紀要に投稿できる者は、本学会の会員とする。
  2. 紀要発行は年1回とする。
  3. 投稿原稿は未発表のものであること。ただし、すでに口頭で発表し、その旨を明記してあるものはこの限りではない。研究論文以外に翻訳、書評等を投稿できる。
  4. 原稿の長さは、和文の場合は400字詰原稿用紙換算で40枚程度、英文の場合にはA4版、ダブルスペース(65ストローク×25行)で25枚程度とする。
  5. 原稿締切は原則として10月10日とする。
  6. 投稿原稿の採否は審査の上、編集委員会が決定する。
  7. 特に本学会より原稿の執筆を依頼する場合は、この規程に依らない。

▲ページのトップヘ

会員構成

本学会の会員は、本学英米学科専任教員、または本学英米文学専攻大学院生および研究員で、本学会の趣旨に賛同する者とする。

▲ページのトップヘ

活動内容

本学会は、次の事業を行っています。

  • 1.研究紀要(『英文論集』)の発行。
  • 2.公開講演会の開催。
  • 3.その他本学会の目的を遂行する上で必要と認められる事業。

大学紹介